【ネタバレ注意】呪術廻戦 133話 【展開予想・考察】 

スポンサーリンク
呪術廻戦 133
スポンサーリンク

【ネタバレ注意】呪術廻戦 最新132話|渋谷事変㊾ 【感想・考察】

虎杖VS真人は決着…と思われたが、逃げる真人の目の前に現れた偽夏油。

これからどういう展開になるのか?!ということでこれからの展開を予想します。

133話展開考察①真人は偽夏油に取り込まれる?

132話を最後で「助けようか?」と出てきた夏油。助けるなんかさらさらないでしょう。

有力な展開としては、真人を呪霊操術で取り込む可能性が一番高そうですね。

『呪霊操術』は降伏した呪霊を取り込み自在に操る術式。偽夏油は真人を取り込む機会をずっと伺っていたのでしょう。

ただ、あくまでも降伏した呪霊を取り込む術式です。真人は夏油の手駒になることを許すのでしょうか?

真人は人間の呪霊、人間の醜さを集約させたような存在です。

『プライドを取って降伏を拒否』するのか、『生への執着から降伏することを選ぶ』のかどっちなんでしょうね。まあ今の状況からしてほぼほぼ後者のような気がしますが…

133話展開考察②偽夏油が真人を取り込む目的

さあ、夏油が真人を呪霊操術で取り込んだとして、なにが目的なんだって話ですよ。

真人の『無為転変』は、人の魂に触れ、その形を変化させる術式。偽夏油はその術式を使って何を成し遂げようとしてるのか…。うん、何でもできそうですね。

たとえば九十九由基が言っていた『全人類を術師にする』ことや、『全人類から呪力を消す』ことも、無為転変があれば理論上可能になると思うんですよね。

全人類をタッチするのにどれだけの歳月かかるねんって思いますけどね(笑)

五条悟が封印されている今なら、日本中に改造人間を放って、日本を混乱させることもできますね。

まあ、偽夏油が真人を取り込む以上、『無為転変』を使ってなにかしようとしているのは間違いなさそうですね。ただの手段として持っておくだけでも強いですが。

133話展開考察③虎杖はどうなる?

虎杖と偽夏油の初対面でもあるんですよね。

偽夏油は『両面宿儺の完全復活』も目論んでいましたし、虎杖を連れ去るのでしょうか。それとも虎杖を置いて渋谷から去るのでしょうか。

どちらにせよ、ここで偽夏油と虎杖の因縁ができることは間違いありません。

偽夏油は虎杖の関係者なんですかね。虎杖出生の秘密に関わっている可能性もありますよね(虎杖の宿儺耐性に関して詳しすぎるし)

あと、虎杖がこのまま高専に戻ったとして、死刑を免れるのでしょうか。

虎杖は死刑を受け入れるんですかね?宿敵である真人を祓い損ねて目の前で取り込まれたとしたら、真人を祓うまでは死刑を拒否しそうな気もしますが。

宿儺が一般人を大量に巻き込んだ自責の念もありますが、ナナミンの遺言。そして132話で自分の『役割』を理解した虎杖は、そう簡単に死刑を受け入れないでしょう(そもそも宿儺に邪魔されそう)

133話展開考察④冥冥と憂憂は殺された?

偽夏油と戦闘していた冥冥(めいめい)と憂憂(ういうい)ですが、偽夏油が真人の前に現れたことから、冥冥達の敗北がほぼ確定しましたね。まあわかっちゃいましたが…

偽夏油が冥冥達を生かしておく理由もないですし、殺されたのでしょうか。

『呪霊操術』と『黒鳥操術』では術式の格が違いますし、まあ当然の結果でしょうか。

生きている可能性があるとしたら、重傷を負ったがとどめは刺されていないとか、偽夏油側に寝返った(買収された)とか…どっちもあまり考えられませんね。

とどめをさそうとしたが、夏油傑の肉体がそれを無意識に制御して致命傷は避けられた。とかならあるかもしれません。

一級術師のナナミンに続いて冥さんが…日下部さんとパンダの安否も気になりますね。

漏瑚に焼かれた組の生死も不明ですね。誰も死なないでほしい(切実)

133話展開考察⑤獄門彊(ごくもんきょう)の処理完了

”五条悟”という情報を処理しきれずに定位置から動かせなくなっていた獄門彊ですが、

真人の前に現れたことから獄門彊の処理が完了したことが確定しましたね。これで五条悟は完全に封印されてしまったと。

関係ないですが本日12月7日は五条悟の誕生日だそうです。おめでとうございます、誕生日が封印記念日になっちゃいましたね。

冗談はさておき、五条悟が封印された獄門彊は偽夏油の手中に。今渋谷にいる戦力からして、奪還は絶望的ですね。

東堂の不義遊戯(ブギウギ)があれば位置替えで奪還できそうですが、今の東堂は術式が使えませんしね…。

渋谷で五条悟が封印された獄門彊を取り戻すのは無理そうですね。

133話展開考察⑥脹相はこれからどうする?

長く続いた”渋谷事変”ももうそろそろ終わるでしょう。そこで気になったのが脹相(ちょうそう)です。

脹相は虎杖に「存在しない記憶」を見せられ戦意喪失し、戦線離脱しましたが、今後どういう立場につくのでしょうか。

そのまま偽夏油につくのでしょうか。もし虎杖が偽夏油に捕らわれたら、偽夏油に捕らわれた虎杖を逃がす役割として登場したら面白いですね。

あとは第3勢力として、死刑になった虎杖を脹相が匿うとかもありそうです。

術師側につくことは多分ないでしょうね。

『存在しない記憶』を植え付けられた以上、ただの敵としては終わらないでしょう。

・まとめ

以上が呪術廻戦133話の展開予想と考察です。

渋谷事変も〆にかかっている感じがしましたね。

五条悟がいなくなり、かなり絶望的な状況ですがここからどうなるのでしょうか。

乙骨君帰ってきてくれ…。

※呪術廻戦の単行本が無料で読める!

呪術廻戦の単行本を無料で読む方法をご存じでしょうか?

U-NEXT という動画配信サービスを利用すれば、なんと呪術廻戦1冊無料で読めちゃいます。

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、180,000本以上の映画、ドラマ、アニメが見放題で配信されているサービスですが、数々の電子書籍も扱っており、その中には呪術廻戦も含まれております。

U-NEXTの無料トライアルに加入すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントが付与されます。

つまり、このポイントで呪術廻戦が無料で読むことが出来ます。

          

無料で読む

さらに、現在大人気放送中のアニメ『呪術廻戦』も全て『見放題』です!

          

無料で視聴する

 

 もちろん、無料トライアル期間内に退会すれば、完全無料でご利用いただけます。

アニメも漫画もU-NEXTでお得に楽しみましょう。

※ 本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメント

  1. […] 【ネタバレ注意】呪術廻戦 133話 【展開予想・考察】  […]

タイトルとURLをコピーしました