【呪術廻戦】アニメ13話『また明日』【感想】

スポンサーリンク
呪術廻戦
スポンサーリンク

前回のあらすじ

グニィ

ゲラゲラ

ぶっ殺してやる

アニメ12話の感想はこちら

虎杖&ナナミンVS真人

真人を祓うため、虎杖とナナミンは立ち向かいます。

真人は体を変形させながら応戦、ただ2体1では分が悪いと思ったのか、改造人間を使い、虎杖を引き離します。

虎杖とナナミンの息がぴったりですね。

何気なく描かれていますが、驚異の身体能力を持つ虎杖に合わせられるナナミンの実力の高さが伺えますよね。これが1級術師の実力。

『殺して』

真人によって改造された3体の改造人間が虎杖に襲いかかります。

真人は『虎杖は人間を殺せない』という判断。

その判断は正しくて、虎杖は改造人間に攻撃するのを躊躇して追い詰められます。

虎杖の表情がこれまたキツイ…

この改造人間も、改造される前は幼い子供だろうと想像できるのもキツイ。

ちなみに前回のじゅじゅさんぽで登場した子達ですね。

『ころして…』

改造された人間の魂の叫びを受け、虎杖は決意します。

『今ならできるよね』

一方のナナミンは、真人に捕縛されていました。

真人はナナミンを改造して、虎杖に襲わせようとか相当趣味の悪いことを言っております。さすが人間の呪い。

だが、改造人間を殺してきた虎杖がナナミンを解放し、コンビネーションで一気に真人を追い詰めます。

真人はなすすべもなく攻撃を受けます。身代わりを作り回避する隙もなく絶体絶命。

真人はそんな状況に『死』を見ます。

そう、真人は人間、いや生物の終着点である『死』のインスピレーションを得ることに

『今なら出来るよね』

『 領 域 展 開 』

自閉円頓裹

真人は死の淵で『領域展開』を会得します。

領域にはナナミンだけが閉じ込められ、絶対絶命の状態。

領域の対抗手段は、こっちも領域を展開することですが、1級術師であるナナミンですら領域を会得するに至りませんでした。

呪術の極致というだけあって『領域展開』を会得するには限られた才能が必要なのかも知れません。

ナナミンは対抗手段もなく、ただ立ち尽くす…

ここでナナミンの回想へ

サラリーマン時代のナナミン

呪術師をやめてサラリーマンになったナナミン。

社会に溶け込んでいる彼の姿は凄くリアルでした。

現実にもこういう思いで働いている人がいるんだろうな…。

ナナミンは呪いと関わらなくて済むように、金を求めて働き続けます。

そんな彼に、パン屋の店員さんの一言が刺さります。

『ありがとう』

彼の職業柄、人に感謝されることはありませんでした。

そもそも彼は感謝されることを求めていなかったんでしょう。

ただ、『やりがいとは無縁』だと思っていた彼は、その一言で呪術師に戻ることを決意します。

彼は『人を助けて感謝される』やりがいを選んだんですね。

例え自分が死のうと。

天上天下唯我独尊

そして時間は現在に戻ります。

必中の領域内で真人の『無為転変』が発動。

しかしナナミンは

『悔いはない』

ここかっこよすぎる…

学長が言っていた『呪術師に悔いのない死は無い』という言葉をここで否定してくるか…

だが、ここで虎杖が領域内に侵入してきます。

領域は閉じ込める結界、外から破るのは難しいことではない。

そもそも侵入することにメリットがないですからね。

ただ、虎杖に関しては例外です。真人の魂に触れる術式『無為転変』が領域内で必中になっている状態。

つまり、『宿儺の魂に触れちゃう』

『言ったはずだぞ、二度は無いと』

真人は宿儺に攻撃され、領域が解けます。

やってること当たり屋やで虎杖君…

結果的には虎杖もナナミンも生存できました。

原作ではナレーションが多いシーンでしたが、キャラのセリフで上手く補完しているんですね。個人的には専属のナレーターにやってもらいたいシーンでした。(今後もナレーション多くなるしね!!)

『もう負けない』

宿儺の攻撃を受け、呪力もほぼ尽きた真人は逃走します。

虎杖達は追いかけますが、身代わりをうまく使われ取り逃がすことに。

虎杖も受けたダメージは大きく、気を失ってしまいます。

結果的には痛み分けといったところでしょうか。

安置所での会話

場面は安置所に移ります。

ナナミンと虎杖が会話しています。

『この世のほとんどの人間が善人でも悪人でもない』というセリフがナナミンらしくて印象に残りますね。

そして、ナナミンは虎杖のことを『呪術師』と認めます。

ここは『あなたを呪術師として認めてません』のシーンをカットインしてほしかった!!!!!別に文句はないけど!!ないけどね!!

虎杖の表情が心に沁みますね…虎杖の感情表現がうまい。

順平の担任の先生

ここは筆者が原作で読んでかなり衝撃を受けたシーンです。

あの、なにも見ていない悪魔のような先生を、ただ『無能な教職』で終わらせないんだ!!!って。

彼は根は悪い人間ではなかったのでしょう。ただ、あまりにも生徒に関心が無かったのでしょうか。

順平の一件を経て、心を入れ替えて生徒を導いていってほしいですね。確かに酷いことをしましたが、人は間違える生き物ですから。きっと変わっていけると思います。

俺はもう負けない

呪術師になって間もない虎杖ですが、早々壮絶な経験をしましたね。

『順平の死』『宿敵との出会い』『人を殺める』

それらを全て乗り越えて、虎杖は強くなっていくでしょう!!

負けるな!!虎杖!!

じゅじゅさんぽ

あれ??なんでまとも??(混乱)

※呪術廻戦の単行本が無料で読める!

呪術廻戦の単行本を無料で読む方法をご存じでしょうか?

U-NEXT という動画配信サービスを利用すれば、なんと呪術廻戦1冊無料で読めちゃいます。

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、180,000本以上の映画、ドラマ、アニメが見放題で配信されているサービスですが、数々の電子書籍も扱っており、その中には呪術廻戦も含まれております。

U-NEXTの無料トライアルに加入すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントが付与されます。

つまり、このポイントで呪術廻戦が無料で読むことが出来ます。

          

無料で読む

さらに、現在大人気放送中のアニメ『呪術廻戦』も全て『見放題』です!

          

無料で視聴する

 

 もちろん、無料トライアル期間内に退会すれば、完全無料でご利用いただけます。

アニメも漫画もU-NEXTでお得に楽しみましょう。

※ 本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメント

  1. […] 前回の感想はこちら 呪術廻戦アニメ13話感想 […]

タイトルとURLをコピーしました