【ネタバレ注意】呪術廻戦134話『渋谷事変51』【感想】

スポンサーリンク
呪術廻戦 感想
スポンサーリンク

新年が明けて一発目の週刊少年ジャンプ。

その一発目で衝撃的な展開に…

それでは134話『渋谷事変51』の感想を書いていきます。

呪霊操術 獄ノ番「うずまき」

偽夏油は呪霊操術極ノ番「うずまき」の説明を始めます。

極ノ番」は領域を除いた術式の奥義を指すらしい。壊相や漏瑚がやっていたやつですね。

そして「うずまき」は取り込んだ呪霊を1つに纏めて超高密度の呪力を相手にぶつける「呪霊操術」の奥義。

0巻の乙骨憂太戦で使用していた技ですね。里香に敗れましたが、超高火力技でした。

だが、「うずまき」の真価はそこではないらしい。

「うずまき」の真価は術式の抽出。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

つまり、「うずまき」に使用した呪霊の術式は今後自由に使えるということですか??強すぎません??

なにかしら制限はついているんですかね…。それ抜きにしてもオーバースペックな術式なのに…。

京都校の加勢

ここで京都校が加勢に来ます。

西宮桃、加茂憲紀、禪院真依、三輪霞の四人の連携で偽夏油を攻撃していきます。

三輪ちゃんがシン・陰流「抜刀」で偽夏油を攻撃しますが、素手で受け止められ、その上刀を折られてしまいます。素手って…。

そして偽夏油は三輪ちゃんに向かって「うずまき」を発動…

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

よく見るとうずまきに使用されている呪霊は真人っぽいですね。

真人は『無為転変』だけ抽出されてうずまきのエネルギーにされちゃったということでいいんですよね?あっけない最期でしたね。

偽夏油の正体が判明

「うずまき」で攻撃された三輪ちゃんですが、駆け付けた日下部、歌姫、西宮により攻撃を受けずに済みました。

歌姫は西宮に「前出てきちゃ意味ない」と言われているので後方支援型でしょうか。

虎杖のところにはゴリラになったパンダと加茂さんが駆け付けます。虎杖はパンダが生きていて嬉しそうです。

さらに脹相が偽夏油の前に現れます。

なんと偽夏油の正体は、脹相によって明かされることになります。

「加茂憲倫」

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

予想はしていましたが、現実になると普通にびっくりしました。

「加茂憲倫」も数ある名前の一つでしかないらしいので、もっと昔の人間であることが確定しました。

過去に投稿した『偽夏油の正体は加茂憲倫説』こちら

ブログを始めた当初に書いた記事なので、キャラが安定していない上に普通にスベっている記事なので、若干黒歴史化してます。考察はまじめにしてます←

134話は裏梅が脹相の前に立ちふさがって次回へ…という感じでした。

まとめ

なにか色々なこと起こりすぎじゃない??という回でしたね。

偽夏油の正体は明かされましたが、さらに謎が深くなりましたね…。

脹相は虎杖悠仁のことを本気で弟だと思い込んでいる様子です。

そして次回は脹相VS裏梅ですか…脹相に頑張ってほしいけど普通に負けそうな雰囲気。

今回かなり考察要素を拾えましたので、今後記事にしようと思います。

「これからの世界の話」してくれませんでしたね(笑)

呪術廻戦を無料で読む方法3選

Twitterの方で、呪術廻戦人気投票を開催しておりますので、ご協力お願いします!

コメント

  1. […] 前回の感想はこちら 呪術廻戦134話『渋谷事変51』感想 […]

タイトルとURLをコピーしました