【呪術廻戦】アニメ14話『京都姉妹校交流会-団体戦⓪』【感想】

スポンサーリンク
呪術廻戦 アニメ 感想
スポンサーリンク

前回の感想はこちら 呪術廻戦アニメ13話感想

いやぁ、特番を除けば新年1発目のアニメだった訳ですが…3週間も待ちましたよ。

第二クールの1話でもあり、「新OP新ED解禁!!!」ということで、呪術廻戦界隈も大盛り上がりでした。

OPはWho-ya Extendedの『VIVID VICE

映像も相まって、少年ジャンプっぽさのある個人的には好みな感じでしたね。

EDはCo shu Nieの『give it back

こちらは切ない印象を受けましたね。特に今の渋谷事変の状況を知ってから見ると…。

どちらにも言えますが、やっぱり映像が凄い。制作陣の気合を感じましたね。

さあ安っぽい感想はここまでにして、アニメ本編の感想に入りましょうか。

夏油一派の会話

夏油一派の会話のシーンから始まります。

五条悟によって頭部のみになっていた漏瑚ですが、体が戻ってきたようです。

漏瑚さん可愛いなー、と思いながら見ていたんですけど、体が戻っていく過程を想像したら普通にキモかった。

なんか呪霊組は普通に仲良さそうで微笑ましいですよね。人殺すけど。

やるでしょ、サプライズ

とある一室で会話をしている五条とナナミン。五条は相変わらずふざけています。

そこにやってくる主人公、虎杖悠仁。これから京都姉妹校交流会に参加する、即ち2か月ぶりに伏黒ら同級生に会えるのが楽しみな様子。

そこで五条悟が虎杖に持ちかける

「サプライズやんない?」

「YES!!!」

虎杖悠仁は快諾、こいつら馬鹿だ…。

京都校到来

場面は東京校に移ります。

釘崎は京都にいくと勘違いしてキャリーバッグを引いて登場。京都に行きたかったんだろうな…。

ここで乙骨憂太の話題に、本編では未登場の彼ですがOPにも出演してましたし何かと優遇されています。0巻は映画化してください。

こんなやり取りをしている内に京都校の軍団がやってきます。

なんかキャラ1人1人に説明が入っているし、アニメで見るとより個性的で華やか、京都校の人たちも人気急上昇しそうな予感。

三輪ちゃんかわいい

はい、オッパッピー!!!

サプライズで「はい!!オッパッピー!!」と登場した虎杖悠仁君ですが、普通に滑ってしまいます。

京都校の生徒には見向きすらされない模様。滑ったときの空気感が鮮明でしんどかったです(笑)

そりゃあ、死んだはずの同級生がいきなり出てきてもびっくりはするでしょうが、笑えないし涙も出ないですよね(笑)

ここで一旦CMにはいり、CM後には虎杖君は遺影になってました。

京都サイドミーティング

京都校の爺さんが「虎杖悠仁を殺せ」と生徒に指示しています。

東堂はここで高田ちゃんのさんぽ番組を見るために離脱します。

三輪ちゃん以外の生徒は虎杖を殺すのに賛成っぽい。普通に怖い。

内通者の存在

五条悟が京都校の引率の教師である庵歌姫に内通者の存在を伝えます。

要約すると「内通者がいるから京都側の捜査頼むわ」とのこと。

この2人のやり取りは個人的に好きです。ちなみに歌姫は本気で五条悟が嫌いらしい。

姉妹校交流会、開戦!!

さあこれから姉妹校交流会が開戦します。

伏黒くんが虎杖に「なんかあった?」と気遣います。

虎杖は順平のことを思い出しながら「誰にも負けたくない」と。

ここの伏黒君の相棒感がめちゃくちゃ好きです。

次週から京都校との交流会がスタートします。超楽しみ。

じゅじゅさんぽ

「オッパッピー」は「オーシャンパシフィックピース」という意味らしいです。

コメント

  1. […] 前回の感想はこちら 【呪術廻戦】アニメ14話『京都姉妹校交流会-団体戦⓪』【感想】 […]

タイトルとURLをコピーしました