【読者考察】両面宿儺のモデルは閻魔大王の可能性。そして術式は「三途」なのか【呪術廻戦】

スポンサーリンク
呪術廻戦 考察
スポンサーリンク

記事を開いていただきありがとうございます。パンプキンです。

つい先日、筆者のネタ切れ回避のために読者が考察を自由に投稿出来るページを作成したんですよ。

このページです 読者用考察投稿掲示板

そしたらなんと、早速考察を投稿していただきました!!やったー!!

今日はその考察の1つを紹介していこうと思います!

では早速読んでいきましょうか。

考察投稿失礼致します!レンジーヌです(@kosatsu_zeanue
宿儺の術式についてです
宿儺の領域、伏魔御厨子の掌印は閻魔天印であり、閻魔天の真言を唱えるときに結ぶものであります
閻魔天は閻魔大王、梵名ヤーマです
閻魔大王、元となったインド神話は人類の祖であり、最初の死者となった後冥界の主になったヤーマという神です
この神も4本腕かつ水牛に乗った姿で描かれます
仏教内では閻魔大王とされ、死者の善悪を判断して裁きを与える存在となります
閻魔大王のいる場所は地獄ですよね

六道のうちの三悪道、死後に悪人が訪れる場所です

一つは地獄道、地獄の業火で焼かれるって意味合いで〝火途〟ともよばれます
一つは餓鬼道、飢えにより刃物などで虐げに遭うことから〝刀途〟とも呼ばれます
一つは畜生道、畜生の食物連鎖の世界でお互いを〝食い合う〟ことから〝血途〟と呼ばれます

三途の川はこの3つの途を表したものです火、刀、これは宿儺の術式の炎と斬撃に共通し、血途の食い合うという点が食に繋がります
三途が宿儺の術式なのか…はたまた表してるだけなのか…うーん、ガバガバです

宿儺の生得領域はおそらく三途の川だと思います
虎杖がわざわざココ地獄か?とか言っていますし…地獄といえば三途の川、あと川を跨ぐ、彼岸へ渡る行為は呪術的に大きな意味を持つっス!とも言われてるので…
大自在天や閻魔天など宿儺には何個かモチーフがありそうですね

レンジーヌさんに投稿していただいたこの考察ですが、どうでしょうか…

めちゃくちゃ面白くないですか??

僕自身初めて見た考察ですし、宿儺のイメージともドンピシャな考察です。

とはいえ仏教などの専門知識が多く入っているので、ここからは筆者がこの考察のポイントをピックアップして解説していきますので、分からない方は一緒に理解していきましょう。

レンジーヌさんのTwitterアカウントはこちら!!@kosatsu_zeanue

伏魔御厨子の印と閻魔天の印

まずはこの一文

宿儺の領域、伏魔御厨子の掌印は閻魔天印であり、閻魔天の真言を唱えるときに結ぶものであります

閻魔天とは、インド神話のヤーマが仏教に取り入れられたものですね。閻魔大王えんまだいおうとも呼ばれていますね。

「閻魔天印」というものを存じ上げていなかったので軽く調べたんですが、「閻魔天の真言を唱えるときに結ぶもの」で間違いなさそうです。

簡単に言うと、ご利益を得る為に印を結んで真言を唱えるというものです。

その印がこちらの画像

中指と薬指の先端を合わせ、人差し指と小指の第一関節同士をくっつけた物が「閻魔天の印」ですね。

そして宿儺が領域を展開する際に結ぶ印がこちら

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

全く同じやん…

視点が違うので分かりづらいかも知れませんが、閻魔天の印と全く同じように見えます。

これは無関係とするのは不自然か…?少なくとも参考にはしてそう。

筆者もこの印真似してみたけど、難しくて出来なかった。

閻魔大王とインド神話のヤーマ

宿儺と閻魔天は関係あるんじゃね??ってなったところで次の文にいきましょうか。

閻魔天は閻魔大王、梵名ヤーマです
閻魔大王、元となったインド神話は人類の祖であり、最初の死者となった後冥界の主になったヤーマという神です
この神も4本腕かつ水牛に乗った姿で描かれます
仏教内では閻魔大王とされ、死者の善悪を判断して裁きを与える存在となります

先程も記載したように、インド神話のヤーマを仏教に取り入れたのが閻魔大王です。

インド神話といえば、筆者も過去に何度か考察に使ったことがありますね。

で、そのヤーマという神の姿がこちら

確かに四本腕で水牛に乗っていますね。

水牛といえば、宿儺の生得領域には大量の牛の頭蓋骨がありますね。

以前、インド神のシヴァと宿儺の関係を考察した時も、「シヴァはナンディンという牛を乗り物にしている」という共通点をあげましたね。

厳密には「宿儺の生得領域には水牛の頭蓋骨があり、宿儺はその上にいる」という共通点ですが、宿儺を考察するにおいて「牛」というものは無視できない存在ですよね。

宿儺の生得領域の「牛の頭蓋骨」は閻魔大王、あるいはヤーマの水牛由来の可能性もありますね。

宿儺の術式は「三途」??

ここからは宿儺の術式に関する考察ですね。

閻魔大王のいる場所は地獄ですよね

六道のうちの三悪道、死後に悪人が訪れる場所です

一つは地獄道、地獄の業火で焼かれるって意味合いで〝火途〟ともよばれます
一つは餓鬼道、飢えにより刃物などで虐げに遭うことから〝刀途〟とも呼ばれます
一つは畜生道、畜生の食物連鎖の世界でお互いを〝食い合う〟ことから〝血途〟と呼ばれます

三途の川はこの3つの途を表したものです火、刀、これは宿儺の術式の炎と斬撃に共通し、血途の食い合うという点が食に繋がります

六道というものは仏教用語で、輪廻転生の為に赴く6種類の世界。生前の行いによってどの道に行くかは変わります。

天国と地獄をイメージしてもらえたら理解しやすいと思います。

  • 天道(てんどう)
  • 人間道(にんげんどう)  
  • 修羅道(しゅらどう)
  • 畜生道(ちくしょうどう)
  • 餓鬼道(がきどう)
  • 地獄道(じごくどう)

六つの世界の内、上3つが三善道。下三つが三悪道と呼ばれています。

閻魔大王のいる場所は「地獄」なので三悪道に該当しますね。

地獄道は猛火に焼かれる火途(かず)

畜生道は互いに食い合う血途(けつず)

餓鬼道は刀で責められる刀途(とうず)

これら3つを表す言葉を「三途(さんず)」といい、この世とあの世の間を流れている川を「三途の川」といいます。

3つの世界は渡りにくく、沈みやすいから川に例えられるらしい。

で、この三途ですが、まさに宿儺の術式と共通点が多いです!

宿儺は現在「斬撃」「炎」という能力を見せていますが、それぞれ刀途火途に該当します。

そして血途ですが、宿儺は「味見といこうか」などの食に関する発言。伏魔御厨子には口が付いている。1000年前の宿儺の姿を見ると、腹部に口が付いている。など食に関係がある可能性はありますね。

口は「食べる為」にある器官ですからね。

宿儺の術式は「三途説」は結構ありそうですね。

個人的に一番刺さった考察。術式が「三途」ってカッコよすぎるし、厨二心がくすぐられる。
宿儺のイメージにもぴったりですし、過去に宿儺の術式考察は何度かしてきましたが個人的に一番推していきたい考察です。(*僕が考えた訳ではありませんが)

宿儺の生得領域は「三途の川」??

これが最後です

宿儺の生得領域はおそらく三途の川だと思います
虎杖がわざわざココ地獄か?とか言っていますし…地獄といえば三途の川、あと川を跨ぐ、彼岸へ渡る行為は呪術的に大きな意味を持つっス!とも言われてるので…

宿儺の生得領域が「三途の川」ではないかという考察ですね。

確かに宿儺の術式が「三途」なら、生得領域は「三途の川(地獄)」が相応しいですね。

宿儺の生得領域には水もありますので、三途の川をイメージしているのかも知れないですね。

例のセリフはこのシーンですね

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

「呪術的に大きな意味を持つ」というセリフの詳細は分かりませんが、もしかしたら宿儺と関係があるのかも知れませんね(実際そこには宿儺の指を取り込んだ呪霊がいたし)

そういえば少年院の特級呪霊の生得領域にも水がありましたね。
それも伏線だったら凄く面白いですよね。
ただ、八十八橋にいた特級呪霊の生得領域には水は無かったのでそこは関係ないかも知れません。

まとめ

以上が今回の考察でした。

我が物顔で言っていますがレンジーヌさんが考えた考察を紹介しているだけです。(間違えて説明してる部分があったらごめんなさい)

レンジーヌさんも仰っているように、宿儺のモチーフは何個かあって、芥見先生がそれらを集約して生まれたのが”両面宿儺”というキャラクターだと思います。

両面宿儺のモデルが閻魔大王だというのは、両面宿儺というキャラクターを形成する一部としてありそうですね。

特に術式が地獄を象徴する「三途」というのは凄く納得できるものでした。かっこいい。

三途ではなくても、三途をイメージした術式にはなってそうですよね。

本当に面白い考察をありがとうございました!!第二弾も近日中に紹介しますのでお楽しみに!!

レンジーヌさんのTwitterアカウントはこちら!!@kosatsu_zeanue

筆者が過去に書いた宿儺関連の記事も併せてお読みください!!

【呪術廻戦】両面宿儺は術式を2つ所持している?!存在しない記憶は宿儺の術式なのか【考察】

【呪術廻戦考察】虎杖と宿儺のモデルは厄神明王!?そこから導かれる術式とは【縁切り・縁結び】

【呪術廻戦】宿儺とヒンドゥー教の神シヴァの共通点【考察】

両面宿儺・五条悟・天元のモデルがヒンドゥー教三大神の可能性【呪術廻戦考察】

今Twitterで呪術廻戦人気キャラクター投票を開催しています

投票フォームから簡単に投票できますのでよければ参加してください!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!!

呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] 出典:https://tokkyu-kabocha.com 両面宿儺は、体の前で人差し指・中指・薬指を合わせて三角形を作るポーズをしています。 […]

タイトルとURLをコピーしました