【ネタバレ注意】呪術廻戦136話 【展開予想・考察】

スポンサーリンク
呪術廻戦 最新話
スポンサーリンク

ごめん、先に言うわ。

全然展開が読めない。

呪術廻戦135話では特級術師の九十九由基が助っ人として登場。呪術廻戦界隈を沸かせました。

それ以外にも裏梅の術式が判明したりと情報が盛り沢山でしたね。

135話の感想はこちら 呪術廻戦135話感想

正直、九十九がここで登場するのは前回の展開予想記事で書いた通り予想は出来ていました。

予想は出来ていましたが…

こっからどうなんの、と。

予想していたとはいえ、まじで九十九さんが来たらビビるじゃないですか…。

筆者はこんな感じですが、ここから136話の展開予想を書いていきます。温かい目で見守っててください。

前回の展開予想記事はこちら 呪術廻戦135話 展開予想

九十九由基がどうして渋谷に??

まずは九十九由基がどうして渋谷に来たのかを考察しましょうか。

九十九由基は皆さんもご存じの通り、海外にいるイメージが強いです。

そんな九十九がなぜ都合よく渋谷に来れたのか…。

筆者の予想はこれです。

たまたま日本にいて、東堂が呼んだ!!

まあ、東堂は九十九の弟子ですし、弟子に頼まれたら来るかな…と。

それか、もともと東堂と九十九がある約束をしていて、九十九はその約束の為に帰国していた。帰国していたことを知っていた東堂が渋谷に呼んだ、とかでしょうか。

だとしたら、渋谷のMVPは東堂になりますね(笑)

九十九参戦でここからどうなるか

九十九由基が参戦しましたが、ここからどういう展開になるのでしょうか。今の状況を簡単にまとめてみましょうか。

呪詛師サイド

偽夏油:これからの世界の話をしたい。術師は伝達者にするから殺さない。

裏梅:なんかめっちゃ怒ってる。虎杖以外の術師は殺す気満々。

呪術師サイド

術師軍団:五条悟が封印された獄門彊の奪還

脹相:弟(虎杖)を守る。

九十九由基:術師に加勢。

ここからどうなるかですが、とりあえず偽夏油は裏梅の攻撃をやめさせそうですね。

偽夏油は九十九由基の情報をあまり持っていないと仮定すると、迂闊に手は出せないでしょう。

偽夏油からしても「異常事態(イレギュラー)」、その存在こそ”特級術師”九十九由基なのでしょう。

偽夏油は九十九由基を「伝達者(メッセンジャー)」に選び、これからの世界の話をしてこの場を後にすると予想します。

…あれ?誰か忘れているような…。

歌姫の術式は??獄門彊奪還なるか!?

忘れてはならない”歌姫先生の準備”

歌姫は獄門彊を奪還する為の準備をしているのでしょう。

ここで獄門彊を奪還できなければ、呪術師界、いや人間界が終焉に向かってしまいます。

つまり、獄門彊を奪還すれば勝ち、出来なければ負け。

歌姫はこの状況をひっくり返すことが出来るのでしょうか??

ここで歌姫の術式は何なのか考えてみましょうか。

そのヒントになりそうなシーンがありました。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

これは過去編の「永遠に続く廊下」を歌姫と冥冥が走り続けるシーンなんですが、セリフにご注目下さい。

「ざっと30分 15㎞くらい移動したかな」

30分で15㎞って、時速30㎞ということですよね??

簡単にいうと、100m走を12秒で走れる速さです。

歌姫達はその速度で30分間走り続けていたんです。

これくらい術師にとって当たり前の世界なのかも知れませんが、これを歌姫の術式によるものだと仮定します。

ここで思いついた歌姫の術式は「エネルギーをストックする。ストックしたエネルギーは他者にも付与できる。」という術式です。

歌姫が溜めたエネルギーを使用していたのだとすれば、30分間息切れせずに走り続けることが出来たことにも納得がいきます。

そして歌姫の術式が「エネルギーをストックするもの」だと仮定して、どうやって獄門彊を奪還するのか…。

この術式のポイントは「他者にも付与できる」点です。では誰に付与するのか。

獄門彊を奪還するのに適した人物が渋谷にいるではありませんか…。

そう「東堂葵」です!!

真人戦で重症を負った東堂を術式で無理やり起こし、東堂の手と歌姫の手で「不義遊戯」を発動し、獄門彊を奪還。という展開になると予想します!!

かなり思い切った考察ですが、多めに見て下さい(笑)

あと、偽夏油は「不義遊戯」を対策していて獄門彊を奪還できない展開になるとも予想します。

簡易領域とかで対策できそうですしね。

呪いの時代

獄門彊を奪還に失敗したら「呪いの時代」がやってくるのは免れないでしょう。

しかし、そうなればこれからは九十九由基が全面的に協力してくれそうです。

九十九由基の目的は「呪霊の生まれない世界を作ること」

呪霊は人間の負の感情から生まれます。今の渋谷の状況が世界に報道されれば、人々は不安に陥り、呪霊の生まれやすい世界になってしまいます。

九十九由基の望む世界と相反した世界になってしまうので、方針の合わない高専とも利害の一致で協力してくれそうです。

その際に、現状立場の危うい虎杖と脹相を匿ってくれるかも知れませんね。それか高専と「虎杖と脹相を殺さない縛り」を結ぶとか。

これは感覚ですが、九十九は虎杖と脹相に興味を示しそうな気がするので。

まとめ

まとめると

「これからの世界の話」をして偽夏油と裏梅は退散→歌姫が術式を使い、東堂と協力し獄門彊を奪還→失敗し、偽夏油達を逃がしてしまう という展開になると予想します。

まあちょっと無理がある予想だったかも知れない。それぐらい来週からの展開が読めないですね。

歌姫先生は頑張って活躍してほしいですね。

それでは今回はここで終わります。

今Twitterで呪術廻戦人気キャラクター投票を開催しています。

投票フォームから簡単に投票できますので、よければご参加ください。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

コメント

  1. […] 前回の展開予想記事はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました