【ネタバレ注意】虎杖悠仁の死刑決定でどうなる??呪術廻戦138話【展開予想・考察】

スポンサーリンク
呪術廻戦 最新話
スポンサーリンク

*当記事の内容は呪術廻戦138話からの展開を予想するものです。早売りジャンプを読んで書いた内容では一切ございません。予めご了承ください。

記事を開いていただきありがとうございます。パンプキンです。

137話では待望の乙骨憂太が登場し、呪術廻戦界隈を沸かせました。

そんな乙骨憂太に呪術界上層部「呪術総監部」がある命令を下しました。

「虎杖悠仁の死刑執行役に特級術師乙骨憂太を任命する」

…どうなんのこれ。

と、いうことで138話の展開予想を書いていきます。

前回の展開予想はこちら 【ネタバレ注意】呪術廻戦137話 【展開予想・考察】

スポンサーリンク

虎杖の現在

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

死刑が決まった虎杖ですが、虎杖は現在どこで何をしているのでしょうか。

筆者の予想としては「脹相と共に九十九由基が匿っている」ですかね。

今の虎杖を守れる立場と力を持っている人物は九十九以外には考えられません。

それに、わざわざ乙骨憂太に死刑執行役を任せるあたり、少なくとも虎杖自身が死刑に協力的ではないことが分かりますね。

渋谷で宿儺による一般人の大量虐殺をしてしまった虎杖ですが、彼には”役割”が残っています。

宿儺の指を全て取り込む、恩師である五条悟を救う、そしてナナミンの遺言。

今の虎杖はそう簡単に死刑を受け入れないでしょう。

これからは九十九由基、脹相と行動を共にしていくと予想します。

伏黒恵の今後

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

このまま眠っていた方が幸せなんじゃないかと言われている伏黒君の今後を考えていきましょうか。

まず伏黒君が起きた際には「魔虚羅召喚がきっかけの宿儺による大量虐殺」「姉である伏黒津美紀の目覚め」「五条悟救出失敗」「同級生の虎杖悠仁の死刑決定」などの事実を知ることになりますね。

「魔虚羅召喚がきっかけの宿儺による大量虐殺」ですが、伏黒本人も不本意だったとはいえ自責の念に捕らわれるでしょう。結果的に大量虐殺の原因を作ってしまいましたからね。

助けた人間が人を殺してしまった。伏黒君はこれをどう受け止めるのでしょうか。

「姉である伏黒津美紀の目覚め」ですが、伏黒自身は姉の目覚めを望んでいましたが、結果的には望まない形で目覚めてしまいました。

偽夏油によって”呪詛師堕ち”してしまい、千人のバトルロワイアルに参加させられることになった津美紀。

助けたいと思っていた人が人を殺してしまった時、彼はどうするのでしょうか。

「五条悟救出失敗」伏黒君は元々禪院家に売られる筈だったが、五条悟がそれを帳消しにして高専からの資金援助を可能にしていました。

虎杖同様、伏黒君も五条に守られていた訳ですが、五条悟がいなくなった現状どうなるのでしょうか。

確実に禪院家が伏黒くんを狙うでしょう。禪院家も当主である禪院直毘人は生死不明、少なくとも片腕を失っている状態。

禪院家相伝の術式「十種影法術」を受け継いでいる伏黒君は喉から手が出るほど欲しい人材でしょう。

津美紀も呪詛師堕ちしてしまった以上、禪院家次期当主として伏黒くんが禪院家に引き取られる可能性はあると思います。

そして「同級生の虎杖悠仁の死刑決定」を伏黒君が知った時、どうするのでしょうか。

少なくとも虎杖を守る方向性で動くと思います。死刑になったのも魔虚羅を召喚したせいだと彼は考える筈ですし、友を見捨てるようなことはしないと思います。

ありそうな展開としては「禪院家次期当主の立場を得た伏黒くんが虎杖の死刑を取り消す。再度死刑執行猶予を設ける」とかでしょうか。

虎杖の裡に両面宿儺が宿っている以上、死刑を完全に取り消すことはできないのでもう一度執行猶予を与えるのが限界でしょうが。

次期当主にそんな権限があるのか微妙ですが、虎杖の為に彼は動いてくれると信じています。

釘崎の安否

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

真人の「無為転変」によってかなり危険な状態になった釘崎ですが、これからどうなるのでしょうか。

筆者の予想としては「生きているが当分起きてこない」と思います。

本当に虎杖達がピンチの時に助けに来てくれると筆者は信じています。

それだけです。

内通者の存在

呪術界上層部「呪術総監部」からの通達では事実が歪曲されていました。

呪術総監部からの通達

一、夏油傑生存の事実を確認。再度死刑。

二、五条悟を共同犯とし呪術界から永久追放。封印解除も禁止。

三、夜蛾学長を五条と夏油を唆して渋谷事変を起こしたとして死罪。

まず、渋谷であの場にいた術師は夏油傑が偽物だと理解していました

だが、上層部にはその事実が伝わっていない模様。ここで考えられるのが内通者による情報操作ですね。

渋谷にいた術師→内通者(情報操作)→呪術総監部というパターンか

渋谷にいた術師→呪術総監部(呪術総監部内の内通者が情報操作)のパターンですかね。

内通者として怪しいのは”加茂家”ですね。あの場の術師には偽夏油の正体が史上最悪の術師である加茂憲倫だと伝わっている筈です。その事実が伝わっていないのは怪しいですし”加茂家”が絡んでいる可能性があります。

夜蛾学長の可能性もありますが、筆者の感覚的に違うような気がします。状況証拠的には一番怪しいですが、どうしても危ない思想を抱いてる人物には見えない…。勘です。

あと五条悟を呪術界から追放するために上層部が団結して情報操作した可能性もありますね。五条悟と上層部はバチバチなので。

個人的には内通者は加茂家が怪しいと思います。でも加茂パイセンは何も知らなそう。

乙骨憂太の殺意は本気??それとも演技??

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

乙骨憂太は本気で虎杖を殺すつもりなのか、それともわざと上層部に従っているふりをしているのか問題。

これに関しては筆者もツイートしました。

筆者は「乙骨憂太は虎杖を殺すつもり派」です。ごめんなさい。

乙骨の友人である狗巻くんは虎杖によって腕が切断されたらしいです。乙骨は友達を傷つけた人は許さないと思います。性格的に。

0巻では夏油にやられた同級生を見て、夏油に対して強い殺意を抱いていました。乙骨憂太は「友を傷つける奴は絶対許さねえ」というスタンスだと思います。

間違いなく虎杖と乙骨で一悶着あるでしょう。

狗巻くんはそれを望まないと思いますが、どうなるんですかね…。

演技派の意見としては「恩人である五条悟の教え子の虎杖は殺さないだろう」「乙骨は五条悟に虎杖のことを頼まれている」などの意見がありますね。

無くはないと思いますが、個人的にあまりしっくりこないです。前者の「恩人である五条悟の教え子であること」「虎杖が狗巻に重症を負わせたという事実」は完全に切り離された問題ですし、後者は「五条悟は自分に何かあった時の未来を考えなさそう」という筆者の偏見から可能性は低いと思っています。

色んな意見があるのが考察の面白いところですよね。

乙骨に命を狙われるなんて、千人のバトルロワイヤルどころじゃねえ…。

まとめ

以上が次回からの展開予想でした。

一年生組の現状が気になるところですね。

皆さんも何か意見がありましたらコメントお願いします!

次回から新章突入で楽しみですね!!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

考察記事一覧

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました