【読者考察】魔虚羅の考察+おまけ【呪術廻戦】

スポンサーリンク
呪術廻戦 考察
スポンサーリンク

記事を開いていただきありがとうございます。パンプキンです。

最近多忙でブログの更新をさぼってました。すんません。

今回は当ブログのレギュラーであるレンジーヌ君に提供していただいた考察を紹介していこうと思います!!

こちらです!!

不動のレギュラー、レンジーヌです
前回の続きで今回は魔虚羅を考察していきましょう!
伏黒恵の領域、嵌合暗翳庭の掌印は薬師如来の真言を唱える際に結ぶ印がモチーフとなっていると考えられます 
また、十二神将は薬師如来の十二誓願が叶うよう、薬師如来を十二の方向から護っているとされています
もう魔虚羅じゃあないですか
薬師如来の十二の誓願は、悪人を正す、仏教の道を歩む者の苦の救済など、伏黒の信念と重なる部分があるんですね


オマケ考察
伏黒の誕生日、12/22日は十二誓願の12と、十種影方術の10+十二神将の12、足して22ってこと??

八握剣異戒神将魔虚羅は仏教の十二神将の摩虎羅がモチーフとなっていて日本神話を題材とした本来伏黒の術式と矛盾してるんですが
異〝戒〟とあり、戒とは仏教徒が守るべき規範のようなものでここでは異なる宗教の存在であることが明確化されている?気がします
また、宿儺やサイドテール、指呪霊は魔虚羅召喚の際に異質な呪力を感じとっている描写があるので魔虚羅に使われる呪力は十種影法術で用いられるものと全く異なるものと予想できますね
以上から魔虚羅は十種影法術の基本性能ではなく誰かしらの術式から追加された式神である可能性があると思います
安倍晴明の使役する式神は陰陽道の十二天将であり、仏教との十二神将とは干支とか方角要素以外マジの別物なんですが…平安人の宿儺が呪術という言葉を使ってるあたり呪術廻戦の世界線には陰陽道の概念が無いと考えられます(道真とかがそのまま出演してるのに対して陰陽師の蘆屋道満?は貞綱という名前で登場するので陰陽道あたりの設定は改変されているかもしれない)
呪術廻戦の世界線の安倍晴明的ポジション人物は十二神将を使う可能性がありますね
その人が宿儺といい勝負したが敗北、封印されたけどいつかはヤバい、そこで適応の術式を持つ八握剣の式神、式神の合体があり、相伝される術式である十種影法術師に魔虚羅の力を譲渡したのではないでしょうか あのチートパワーは1000年後まで魔虚羅を調伏できる実力を持つ十種影法術師は生まれない縛り…とかですかね
あの、今回本当に後半はただの妄想なので本当すみません
魔虚羅は本来十種影法術には無かった式神説ですね!

またまた面白い考察ですね。前回の考察の伏黒恵の十種影法術は最終的に三種の神器になるのでは?という考察の続きですね。

まだ読んでいない方は先にこちらの記事を読んでもらえたらと思います。

【読者考察】伏黒恵の術式「十種影法術」は最終的に「三種の神器」になる??十種影法術と日本神話の関係とは

では例によって今回はこの考察の解説をしていきます!

スポンサーリンク

嵌合暗翳庭の印と薬師如来の印

伏黒恵の領域、嵌合暗翳庭の掌印は薬師如来の真言を唱える際に結ぶ印がモチーフとなっていると考えられます

とレンジーヌさんがおっしゃっているので調べてみました。

こちらが伏黒恵の領域展開、嵌合暗翳庭の印

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

こちらが薬師如来の真言を唱える際に結ぶ印

 

似ていますね、ほぼ一緒のように見えます。

このことから『嵌合暗翳庭の印は薬師如来の真言を唱える際に結ぶ印を元にしている』という可能性はかなり高そうです。

パンプキン
パンプキン

宿儺の領域展開の印も閻魔大王の印でしたね。毎度よく見つけたなと驚かされてます。

十二神将と魔虚羅

また、十二神将は薬師如来の十二誓願が叶うよう、薬師如来を十二の方向から護っているとされています
もう魔虚羅じゃあないですか

魔虚羅が十二神将をモチーフにしているという説は有名ですね。

十二神将とは薬師如来を信仰する者を守護するとされている十二体の式神で、その中には摩虎羅(まこら)という漢字は違いますが魔虚羅と同名の式神も存在します。

十二神将は薬師如来の十二誓願に応じてそれぞれの方角から守るとされています。

魔虚羅の能力は「あらゆる事象への適応」、初見の技で屠らなければ突破不可能な難攻不落な式神。

魔虚羅の能力は十二神将の「守護する」という属性由来なのかもしれませんね。

伏黒の信念と十二誓願

薬師如来の十二の誓願は、悪人を正す、仏教の道を歩む者の苦の救済など、伏黒の信念と重なる部分があるんですね

さっきもちらっと出てきた「十二誓願」というワードですが、十二誓願とは薬師如来が仏に成る前の菩薩の時に、衆生教化のために立てた12の誓願のことです。

  • 光明普照:自らの光で世界をあまねく照らしすべての人を仏と同じ姿にする
  • 随意成弁:世俗の穢れをふりほどき仏性を目覚めさせ心おもむくままに物事を成就できるようにする
  • 施無尽物:仏性を持つ者たちが悟りを得るために物品を与え整った環境へ導く
  • 安心大乗:世の外道を正し、衆生を仏道へと導く
  • 具戒清浄:戒律を破ってしまった者でも戒律を守れるよう善行を促し心身の安楽を与える
  • 諸根具足:生まれつきの障碍・病気・身体的苦痛を癒やす
  • 除病安楽:病気や困窮を治す
  • 転女得仏:女性であっても男性と同じように悟りを得られるようにする
  • 安心正見:一切の精神的苦痛や煩悩を浄化できるようにする
  • 苦悩解脱:権力などの重圧・災難・苦痛から解放する
  • 飲食安楽:餓えや渇きを取り除く
  • 美衣満足:困窮して寒さや虫刺されに悩まされる衆生に衣類を施す

このような12の誓願が伏黒恵の「善人を助けたい」などの性格の元になっているのかもしれませんね。

パンプキン
パンプキン

全てが当てはまっている訳ではありませんが面白い考察ですよね。

薬師如来の十二誓願は病気を治し、衣食住を満たすという「生きる」という部分に着目してるんですね。勉強になりました。

おまけ考察

ここからはおまけ考察です。

伏黒恵の誕生日

伏黒の誕生日、12/22日は十二誓願の12と、十種影法術の10+十二神将の12、足して22ってこと??

パンプキン
パンプキン

なるほど…。誕生日はスルーしてましたが意味はあるのかもしれませんね。

こういう裏設定があれば面白いですよね。

魔虚羅は元々十種影法術の式神では無い

八握剣異戒神将魔虚羅は仏教の十二神将の摩虎羅がモチーフとなっていて日本神話を題材とした本来伏黒の術式と矛盾してるんですが
異〝戒〟とあり、戒とは仏教徒が守るべき規範のようなものでここでは異なる宗教の存在であることが明確化されている?気がします
また、宿儺やサイドテール、指呪霊は魔虚羅召喚の際に異質な呪力を感じとっている描写があるので魔虚羅に使われる呪力は十種影法術で用いられるものと全く異なるものと予想できますね
以上から魔虚羅は十種影法術の基本性能ではなく誰かしらの術式から追加された式神である可能性があると思います
安倍晴明の使役する式神は陰陽道の十二天将であり、仏教との十二神将とは干支とか方角要素以外マジの別物なんですが…平安人の宿儺が呪術という言葉を使ってるあたり呪術廻戦の世界線には陰陽道の概念が無いと考えられます(道真とかがそのまま出演してるのに対して陰陽師の蘆屋道満?は貞綱という名前で登場するので陰陽道あたりの設定は改変されているかもしれない)
呪術廻戦の世界線の安倍晴明的ポジション人物は十二神将を使う可能性がありますね
その人が宿儺といい勝負したが敗北、封印されたけどいつかはヤバい、そこで適応の術式を持つ八握剣の式神、式神の合体があり、相伝される術式である十種影法術師に魔虚羅の力を譲渡したのではないでしょうか あのチートパワーは1000年後まで魔虚羅を調伏できる実力を持つ十種影法術師は生まれない縛り…とかですかね
あの、今回本当に後半はただの妄想なので本当すみません
魔虚羅は本来十種影法術には無かった式神説ですね!

おまけのボリュームじゃない…。

つまりは魔虚羅は元々十種影法術の式神では無く、他の術式から引き継がれた式神ではないか?という考察ですね。

確かに、魔虚羅は十種影法術の式神の中でも不自然なほどに強いので可能性としてはありそう。

魔虚羅が本来十種影法術の式神では無かったなら「異戒神将」と言われている点も納得できますね。

パンプキン
パンプキン

毎度着眼点が鋭いですね。レンジーヌさんは妄想とおっしゃっていますが、筆者は妄想≠考察の人間では無いので、凄く面白く興味深い考察だと思いました。

考察の可能性は無限大だ!!!

まとめ

以上が今回の考察でした。

考察を提供してくれたレンジーヌさんのTwitterはこちら!

レンジーヌさんのTwitter

レンジーヌさんの過去の考察はこちら!

【読者考察】両面宿儺のモデルは閻魔大王の可能性。そして術式は「三途」なのか【呪術廻戦】

考察を紹介してもいいよって方はこちらからお願いします!

【読者用】考察投稿掲示板

筆者はそろそろレンジーヌさんにマージンを支払わないといけないのかもしれない…。

呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

今Twitterでプレゼント企画を開催していますのでよければご参加ください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました