【ネタバレ注意】虎杖絶対絶命のピンチ?!呪術廻戦139話『狩人』【感想・考察】

スポンサーリンク
呪術廻戦 感想
スポンサーリンク

単行本派の方はネタバレ注意

記事を開いていただきありがとうございます。パンプキンです。

毎週恒例の最新話の感想記事です。

呪術廻戦、相変わらず展開が早いです…

それでは呪術廻戦139話『狩人』の感想を書いていきます!

138話の感想記事はこちら

【ネタバレ注意】禪院家次期当主があのキャラに…。呪術廻戦138話「禪院家」【感想・考察】

スポンサーリンク

呪霊を狩る虎杖と脹相

東京の呪霊を狩る虎杖と脹相。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

呪霊をおびき寄せる虎杖の図

虎杖が大量の呪霊をおびき出し、纏まった所を脹相の穿血でまとめて祓います。

祓い損ねた呪霊は虎杖がすかさず祓う、いい連携プレーです。

頭ごなしに呪霊を祓い続けるのではなく、体力をなるべく温存したまま効率的に呪霊を処理してますね。

戦闘の工夫が分かりやすく描写されているのが呪術廻戦の魅力の一つですね

脹相は自分と戦った時よりも著しく成長している虎杖のことを『鬼神』と比喩します。

脹相「流石俺の弟だ」

虎杖「まだ言ってんの?」

脹相は「お前の父も額に縫い目があるから思い出せ」と虎杖に言いますが、そこにある男がやってくる…

禪院直哉、登場

虎杖と脹相の前に現れたのは、禪院家次期当主の座に就くために伏黒恵暗殺を目論む禪院直哉です。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

まさかの一番乗りは直哉でしたね。

直哉も自分が一番乗りだということに驚いている様子。

確かに、禪院家がどこにあるのかは知りませんがおそらく関西。少なくとも東京ではないでしょう。

直哉が一番乗りなのも直哉の術式によるものなのか、なにか仕掛けがありそうですね。

虎杖は直哉との会話で初めて自分が死刑になったことを知ります、そして伏黒恵の命を狙っていると知った虎杖は直哉とすぐさま臨戦態勢に。

虎杖&脹相VS禪院直哉 そして早速あの男が登場…

直哉と戦う虎杖と脹相ですが、直哉のあまりの速さに驚きます。

直哉は術式でスピードを上げているみたいですね。スピードの術式といえば禪院直毘人の『投射呪法』ですね。直哉も同じ術式なんでしょうか?

もし直哉も投射呪法ならば、禪院直毘人が五条悟を除いて最速の術師と言われているので、直毘人よりは遅いか、トップタイでしょうか?

禪院直哉の術式については今後深く考察します。

直哉はもっとスピードを上げれるようですが、戦闘の最中3人は”異質な呪力”を感じ取ります。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

五条悟を彷彿とさせる膨大な呪力量。不気味な気配を放つ者の正体は特級術師”乙骨憂太”

遠くの高台から虎杖を見下ろしていました。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

虎杖を見下ろす特級術師”乙骨憂太”

乙骨憂太『あれ?一人じゃないんだ』

139話『狩人』終わり

まとめ

早くも4人がかち合いましたね…

前作主人公と今作主人公の邂逅、めちゃくちゃ楽しみにしていました。

サブタイトルの『狩人』は呪霊を狩る虎杖達と、それを狩らんとする禪院直哉、乙骨憂太のことですね。

来週は乙骨憂太と激突必至ですが、乙骨の地雷を踏んでしまう直哉の姿も想像できますね(笑)

伏黒もどこかのタイミングで乱入するでしょうし、毎度の如く来週の展開が楽しみですね。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!!

 呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました