虎杖出生の秘密。両面宿儺と虎杖のまさかの関係とは。【呪術廻戦考察】

スポンサーリンク
呪術廻戦 考察
スポンサーリンク

*呪術廻戦139話までのネタバレを含んでおります。

記事を開いていただきありがとうございます。パンプキンです。

先日こんなツイートをしました。

Twitterのフォローお願いします!!

139話で脹相が虎杖のことを”鬼神”と称していたのを見てふと思った考察です。

かつて呪術全盛時代を生きた両面宿儺本人も”鬼神”と呼ばれていたことから、虎杖がかつての宿儺に近づいていることが伺えますね。

今回はこの考察をもっと深堀りしてしっかり煮詰めてみたので最後まで読んでいただけると幸いです!

スポンサーリンク

現在の虎杖と宿儺は千年前の両面宿儺を善と悪に切り分けた存在なのか。

ここが今回の考察のメインテーマになります。

ツイートでも書いてあったように、今の虎杖と宿儺は千年前の両面宿儺を善と悪で切り分けた存在なのでは?という話です。

虎杖=善 宿儺=悪 ということですね。

虎杖は紛うことなき善人です。それは作中の登場人物が認めていますね。

読者である筆者も虎杖の善性は異常であると感じており、あまり人間味が感じられないというのが正直な印象です。

逆に虎杖の裡に住まう宿儺は紛うことなき悪人です。快、不快が行動指針であり、己の快楽の為なら人を殺めるのも厭わない絶対悪です。

彼は恐らく善性を持ち合わせておらず、自分の快楽の為なら周りがどうなろうがお構いなしの性格です。

まさに虎杖と宿儺の性格は対照的です。

ここで気になるのが千年前の両面宿儺がどういう人物だったのか。というところ。

多くの読者の方が今の宿儺と同様に「絶対悪だった」と思っているのではないでしょうか?

筆者もそう思っていたのですが、実は千年前の両面宿儺が「悪人」だと明言されているシーンは存在しません。

呪術全盛時代に呪いの王として君臨していた両面宿儺ですが、その時代の両面宿儺の人物像までは誰の口からも語られていません。

「術師が総力を上げて宿儺に挑み敗れた」と言われていますが、術師=善 宿儺=悪とは限らず、挑んでくる術師を返り討ちにしていただけの可能性もあります。

それにナナミンのセリフで「この世のほとんどの人間は悪人でも善人でもない」という名言があります。

このセリフはまさしくその通りで、比率は人それぞれだとは思いますが人は皆、善性と悪性を持ち合わせているものです。

この世のほとんどの人間は善悪二元論では区別するのが難しく、「絶対善と絶対悪」の人間は希少です。少なくとも筆者は見たことがありません。

宿儺も人間だった頃は善悪両方持ち合わせていた可能性はありますね。

以上の理由から、かつての両面宿儺を善性と悪性に分けた姿が、今の虎杖(善)と宿儺(悪)で、その二人の魂が完全に混ざり合った時に千年前の両面宿儺が復活するのではないかという考察に至りました。

ただ、この考察を押し通すにはこれから記述する問題点を解決しなければならないです。

今回の考察の障害

今回の考察にはあらゆる障害があります。

  • 虎杖には両親が存在する。
  • 虎杖の身体能力の謎。
  • 存在しない記憶の謎。
  • 虎杖が両面宿儺その者なら、何故昔の記憶が無いのか。

今回の考察を形にするためにこれらの障害を取り除く説を筆者が考えましたのでそれらを記述していきます。

虎杖出生の秘密

虎杖には両親がいると虎杖の祖父の口から明らかになっています。

虎杖からも「父親のことは薄っすら記憶にある」と語られています。

虎杖がかつての両面宿儺を切り分けた存在なら現代に両親がいるのはおかしいですよね。

ですが、こう考えることができます。

「虎杖は宿儺の善性を持った呪物が受肉したことによって生まれた」と。

「宿儺の善性を持った呪物ってなんぞや?」「宿儺の呪物って指だけじゃないの?」という意見もあると思います。

ですが、宿儺の悪性を切り取ったのが指なら、残った指以外の肉体には宿儺の善性が残っていると思いませんか?

この画像を見て下さい。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

記念すべき呪術廻戦新連載時の見開きですが、背景に宿儺の即身仏らしきものが描かれています。

筆者はこの即身仏こそ宿儺の善性が残った呪物で、今の虎杖なのではないかと思っています。

虎杖の出生に関わる重要人物として偽夏油がいますよね?

彼は虎杖を見て「我ながら流石と言うべきか」というセリフを残していることから虎杖の出生に関わっている可能性は非常に高いです。

彼は呪胎九相図を造った時のように、呪物とならなかった宿儺の即身仏に自らの血を混ぜて無理やり呪物にしたのかもしれません。

呪胎九相図は宿儺の即身仏を呪物に昇華させるために必要な実験の産物なのかも知れませんね。

虎杖の覚えている父親とは偽夏油の可能性がありますね。

では母親はどういう人物なのでしょうか?

母親に関してはまだ情報が無く完全な想像なのですが、偽夏油の妻で虎杖は偽夏油とその母親の実の息子の可能性がありますね。

息子に宿儺の即身仏を受肉させようとした母親を偽夏油が殺害し、偽夏油は逃走した。その後は祖父が虎杖の面倒を見ることになった。とかですかね。

この辺は完全に妄想です。

宿儺の死後、即身仏が呪物にならなかったのは「善性は基本的に呪物にならない」という体で考えています。
呪物とは「呪いの物」、呪いとは負の感情で呪物には善性が残らないのだと思います。
宿儺の指がいい例ですね。
ただ、偽夏油は血を混ぜることで呪物を作成することができたのでしょう。呪胎九相図の脹相は呪物ですが、「兄弟を思いやる心」が残っていますね。
おそらくですが、偽夏油は本来呪物になり得ない善性の残ったものを呪物にする技術を編み出したのだと筆者は考えています。
まだ呪物のサンプルが少ないので何とも言えませんが。

虎杖の身体能力

虎杖の身体能力の謎ですが、宿儺の身体能力を引き継いでると考えることができます。

虎杖が宿儺の即身仏を受肉した存在なら、宿儺の身体能力を得ていてもおかしくありません。

宿儺の指を取り込むまで呪いと無縁だった理由は

  • 宿儺は指に呪力を全て残したので、即身仏には宿儺の呪力が宿っていなかった。
  • 呪いは人間の負の感情が元になっている。負の感情を抱かない善性を虎杖が受け継いでいた為。

以上の理由が考えられますね。

存在しない記憶の謎

虎杖には「相手に存在しない記憶を植え付ける」というとんでも能力が備わっています。

東堂は妄想で、脹相は本当の兄弟だという説もありますが、今回の考察では虎杖に備わっている能力だという前提で考えました。

結論から申し上げますと、偽夏油が虎杖に仕掛けた安全装置みたいなものだと思っています。

先程の考察では「偽夏油が宿儺の即身仏に血を混ぜて呪物にした」といいましたよね?

おそらく偽夏油は混ぜた”血”に存在しない記憶に関する何かを仕掛けたのだと思います。

存在しない記憶が発動したのは過去二回。いずれも虎杖がボコボコにされた後に発動しています。

虎杖は自分の血が付着した相手に存在しない記憶を植え付けているのではないでしょうか?

存在しない記憶は偽夏油が仕掛けた安全装置のようなもので、虎杖が死ぬのを防いでいるのではないかという考察です。

*2/28追記

2021/2/27に放送された漫道コバヤシ内で芥見先生の口から「存在しない記憶は虎杖由来の能力ではない」ということが判明しました。

なのでこの説は外れている可能性が高いですが、逆に脹相との血の繋がりがある可能性が高まったので記事全体としてはモーマンタイだと思います。(脹相と虎杖は偽夏油の血が流れているという意味で)

他にも発動条件はあるかもしれませんが…。
偽夏油が造った呪胎九相図も血に関する術式を持っていますし、虎杖も血に関する能力を備えているんじゃね?というノリです。

虎杖に両面宿儺時代の記憶が無い理由

指が呪物となり現世に受肉した宿儺には千年前の記憶があります。

虎杖と宿儺が同一人物であったならば、虎杖に千年前の記憶が無いのは何故でしょうか?

考えられる理由は二つ

  • 指に記憶を全部残した。
  • 偽夏油が手を加えて記憶を消している。

今回の考察に則ると、もともと即身仏は呪物ではなかったので、即身仏側には記憶を残していない可能性が高いですね。

宿儺の記憶は全て指に残されたということですね。

もう一つが偽夏油が記憶を消した可能性ですね。

こちらは偽夏油ならできそうだなぐらいの根拠しかないので、筆者的には前者だと思います。

偽夏油が即身仏を利用して宿儺の器を造ったのは、宿儺本人からしても予想外なのかも知れませんね~。
なんにせよ、宿儺と偽夏油の関係が気になる。

まとめ

以上が今回の考察でした。

虎杖=善=宿儺の即身仏

宿儺=悪=宿儺の指

そして二人の魂が完全に同化した時にかつての両面宿儺が蘇るのか…?

まあ、こんな考察も面白いよね~程度に捉えていただけたらと思います!!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!!

 呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

虎杖・宿儺関連の過去記事

【読者考察】両面宿儺のモデルは閻魔大王の可能性。そして術式は「三途」なのか【呪術廻戦】

【キャラクター徹底考察】虎杖悠仁の正体とは【呪術廻戦】

【呪術廻戦考察】虎杖と宿儺のモデルは厄神明王!?そこから導かれる術式とは【縁切り・縁結び】

呪胎九相図と虎杖悠仁に関係はあるのか【呪術廻戦考察】

【呪術廻戦】宿儺とヒンドゥー教の神シヴァの共通点【考察】

両面宿儺・五条悟・天元のモデルがヒンドゥー教三大神の可能性【呪術廻戦考察】

コメント

タイトルとURLをコピーしました