【ネタバレ注意】虎杖悠仁VS乙骨憂太、開戦 呪術廻戦140話「執行」【感想・考察】 

スポンサーリンク
呪術廻戦 感想
スポンサーリンク

記事を開いていただきありがとうございます。パンプキンです。

毎週恒例の感想記事のお時間です。

前回139話では虎杖、脹相、禪院直哉、そして乙骨憂太。役者は揃いましたね。

虎杖の命を狙う直哉と乙骨ですが、果たして虎杖は…。

それでは早速呪術廻戦140話の感想を書いていきます。

139話の感想はこちら

【ネタバレ注意】虎杖絶対絶命のピンチ?!呪術廻戦139話『狩人』【感想・考察】

スポンサーリンク

邂逅

ビルの上から飛び、虎杖達の前に着地する特級術師乙骨憂太。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

着地と同時に地面を砕き、それを見て驚愕している虎杖と脹相。

着地という動作一つで圧倒的な実力の差を見せつける乙骨先輩やべえ。

禪院直哉はすかさず「味方やで」と乙骨憂太にアピール。

続けて乙骨が虎杖を殺しても暫く上に黙っていて欲しいと頼む直哉。それを承諾する乙骨。

直哉は上手く状況を利用しようとしていますね。

特級術師相手にボロを出さないように立ち回っています。余計なことを一切言わずに乙骨と同じ立場だということをアピールしています。

直哉の狡猾さは思ったより侮れません。

虎杖と脹相はこの場から逃走することにします。

乙骨憂太を見て「五条悟と同じタイプ」と評価する脹相。戦っても勝ち目は無いと。

脹相が直哉を足止めし、虎杖が乙骨から逃げ切り昨日の地点で落ち合おうと約束し、各自動き出します。

脹相、回を追うごとにどんどん好きになっていくキャラですね。

執行開始

それぞれ動き出す4人。

虎杖はその場からダッシュ。乙骨憂太もそれを追いかける。

乙骨の進路を妨害しようと穿血の構えを取る脹相ですが、直哉に腕を蹴り上げられ阻まれてしまいます。

直哉は脹相が赤血操術を使用するところを見ていたようですね。

穿血を撃つには白斂による溜めが必要という弱点を突かれる脹相。

直哉「積みや。死ぬで君」

脹相「弟に手を出して生きて帰れると思っているのか?」

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

かっこいい。

直哉は赤血操術の対処法を理解して立ち回っていますが、脹相は直哉の術式を知らないので不利に見えますね。

ただ脹相の血には毒があります。穿血のみ警戒している直哉に不意の一撃でも入れることができれば勝機は十分ありそう。

なんにせよ、見たかった対戦カードなので二人の戦闘が楽しみです。

虎杖悠仁VS乙骨憂太

逃走を図る虎杖を乙骨は容赦なく追いかけます。

眼前の車を飛び越える虎杖に、回り込み着地を狙う乙骨。

乙骨は本気で虎杖を殺すつもりみたいですね。虎杖の身体能力の高さを見て「真希さんみたい」と評価する乙骨。

虎杖は乙骨の攻撃を上手く躱し、車ごと乙骨を殴り飛ばします。

そして屋内に逃げ込もうとする虎杖ですが、先程殴り飛ばした車が眼前に降ってきて道を阻まれます。

乙骨は膂力の低さを呪力強化で補っているようですね。素の力が弱くても呪力強化で車を投げ飛ばせるほどのパワーを得ることができる。

まさに虎杖と真逆なタイプですね。ただ見ている感じ戦闘センスにおいては虎杖の方が上っぽいですね。

ただ、乙骨の武器は圧倒的な呪力量。呪力による身体強化で虎杖と互角以上に渡り合っています。

乙骨の呪力量は五条悟をも超えるらしい。

ただ五条悟は六限によって術式を発動した際の呪力消費が限りなく0に近いらしい。五条悟についてはもう何言われても驚かないです()

東堂の言葉を思い出す虎杖。「一流の術師ほど呪力の流れが分かりづらいものだ」

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

だが乙骨憂太は全身から常に呪力が立ち上っている。全ての攻撃が決定打になり得るし、全ての攻撃を最小限に抑えられる。動きを読む読まない以前の問題です。

ー後は頼みますー

ナナミンの遺言を思い出す虎杖。

「悪いけどまだ死ぬわけにはいかねぇんだわ」

呪術廻戦140話終わり

まとめ

以上が140話の感想でした。

乙骨は虎杖を本気で殺そうとしているようですね。そこは筆者の予想が当たっていました。

そして呪力強化のみで虎杖と戦えるほどのパワーがあるのが地味にヤバい。何故ならは乙骨は術式を隠し持っているだろうから。

乙骨と渡り合うには虎杖も宿儺の術式を習得する他になさそう。虎杖が術式を使えたらそれこそ乙骨に並ぶ化け物になりそうですね。

脹相と直哉の戦闘はどうなるのか。個人的には脹相を応援しています。

では今回の記事はここで終わります。ここまで読んでいただきありがとうございました!!

呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

考察記事一覧

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました