【ネタバレ注意】脹相VS禪院直哉、決着。呪術廻戦142話「お兄ちゃんの背中」【感想・考察】

スポンサーリンク
呪術廻戦 感想
スポンサーリンク

記事を開いていただきありがとうございます。パンプキンです。

毎週恒例の呪術廻戦本誌感想のお時間です。

前回141話では虎杖が乙骨憂太に敗北、脹相は禪院直哉相手に劣勢、苦戦を強いられていました。

【ネタバレ注意】呪いの女王、顕現。呪術廻戦141話「うしろのしょうめん」【感想・考察】

タイトル通り、今回の話のメインは脹相VS直哉です。それではさっそく感想に入ります!!

スポンサーリンク

脹相VS禪院直哉

”赫燐躍動・載”で外眼筋を強化させ、動体視力を上げることによって直哉のスピードに食らいつく脹相。

直哉は”赫燐躍動・載”ではなく、ただの”赫燐躍動”だと思っている模様。赫燐躍動・載は脹相独自の技なのかも知れませんね。

直哉のスピードに食らいつく脹相ですが、直哉は脹相の攻撃を躱し、カウンターで脹相を殴り飛ばします。

直哉の術式が投射呪法で確定しましたね。投射呪法は動きを予め作る必要あり、その動きを途中で修正出来ない為、先読み能力が問われる扱い辛そうな術式ですが、直哉はカウンター前提で動きを作れているので、術式を高いレベルで使いこなしているのが分かりますね。

そして直哉はただ脹相を殴り飛ばした訳では無く、同時にナイフで切り裂いていました。腹部から出血する脹相。

直哉の狙いは脹相を止血に集中させるためでした。ナイフに付着した血を振り払っているのも抜け目が無いですね。赤血操術使いに対する完璧な立ち回りをしています。

そして直哉は語ります。「術師が武器を持ち歩くのはダサい」と。

他の術師にも同じ考えの人がいるみたいです。確かに武器を持ち歩いている術師はそんなにいないかもしれないですね。

直哉の術式なら武器を持った方が明らかに強そうな気もしますが、術師としてのプライドがあるみたいですね。

”兄”とは

直哉は続けて自分の兄達を侮辱します。

直哉の兄たちも武器を使用しているみたいで、ブラブラとみっともない。これでよく甚爾君のことバカにできたな。と。

このセリフは直哉が甚爾に対してある程度好感を持っていたとも捉えられますし、直哉から見たら兄も甚爾も同類だという意味にも捉えることが出来ますね。

とにかく直哉は兄達を嫌っているみたいです。「弟よりできの悪い兄なんか居る意味がない。首くくって死んだらええねん」とか酷いことを言ってます。

そんな直哉に脹相が一言。

脹相「その兄弟達のおかげで今のお前があるのかもしれんぞ」

直哉「は?」

直哉は少しイラッとしたみたいです。脹相の言葉にドン引きしてます。

そしてここから脹相の兄弟理論が展開されます。

「デキが良かろうと悪かろうと兄は弟の手本。兄が道を誤ったなら弟はその道を避ければいい。兄が正道を歩んだなら弟は後をついてくればいい」

「お前が強いのはお前の兄が弱いおかげだったらどうする?なぜ俺がしぶといのか聞いたな。教えてやる、俺には手本が無い 何度も何度も間違える」

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

全国のお兄さん達はこの言葉をしっかり覚えておきましょう。

超新星

脹相は腹から流れ出た大量の血を直哉に向けて放ちます。

直哉はこの出血量で脹相が絶命していないことに驚いている様子。

直哉はここまで脹相相手に完璧に立ち回っていたかのように見えたが、脹相は他の赤血操術使いとは決定的に違う点があります。

脹相達九相図は人間と呪霊の混血。呪力を血液に変換することができ、呪力が底を尽きない限り失血死することは無い。

押し寄せてくる大量の血液によって距離を取られ、視界を防がれる直哉。

大量の血液の中から”苅祓”が飛んできますが、その速度は遅く、たやすく躱せたため、直哉は脹相を失血死寸前だと推測。

だが脹相は直哉の横から出現し、穿血を直哉に放ちます。

穿血は躱しますが、穿血と血液の波に挟まれた直哉。さらに脹相は前方から直哉に蹴りを入れ、直哉の足に血液を付着させることに成功します。

そして脹相は直哉に付着させた血液を固定し、直哉に向けて穿血の構えをとります。

脹相「後は分かるな。詰みだ」

直哉「試してみぃや」

直哉は脹相の攻撃を躱す打算はある模様。機動力を奪われていますが、問題なく動けるみたいです。

だが脹相から放たれたのは”穿血”ではありませんでした。それは脹相が150年自分の術式と向き合い続けた結果編み出された脹相オリジナルの技。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

『超新星』

脹相VS直哉は脹相の勝利でしたね!!

辛そうですね

超新星で直哉を倒した直後、背後から乙骨憂太が現れる。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

乙骨憂太に引きづられる虎杖の図

脹相は乙骨に殴られワンパンKO、そして乙骨は左手に呪力を灯しながら直哉に語りかける。

「辛そうですね 直哉さん」

呪術廻戦142話終

気になった点①超新星

展開予想記事を廃止したので今週から気になった点を記載していきます。

脹相のオリジナル技、超新星は150年間術式と向き合ったことで開発された技ということが判明しました。

ただ、脹相は現代に受肉するまでは瓶の中でした。瓶詰め状態の脹相が術式を開発できるのか??という疑問を抱きましたが、自己解決しました。

恐らく脹相は己の生得領域内で術式の特訓をしていたのでしょう。同じ特級呪物の宿儺も、普段は生得領域内で過ごしているので、脹相も同様に呪物状態の時は生得領域にいたと考えられますね。

気になった点②乙骨憂太の目的

筆者は以前からずっと「乙骨憂太は敵」と言い続けていましたが、正直なところ分からなくなってきました。

「虎杖が狗巻の腕を落とした」のならば、乙骨は虎杖に対して強い殺意を抱いているでしょう。実際乙骨は虎杖を殺すつもりで戦っていましたし。

ただ、虎杖の心臓を貫いた際に謝罪したり、五条と乙骨が海外で会っていた事実もあり、分からなくなってきました。

味方説なら、五条に頼まれた通りに虎杖を匿う、または虎杖と宿儺の縛りを破棄するためには動いていると考えることができますね。

ただ、五条が最悪の事態を想定して乙骨に頼るような人間には思えないのと、そもそも縛りに関しては他者がどうこうできるものでもないと思います。

それに狗巻くんの腕の件の謎も残りますしね。

乙骨が上層部と交わした「虎杖を殺す」という縛りを履行するために虎杖を一度殺し、上層部との縛りを解消してから反転術式で蘇生させる。その後虎杖を匿うという可能性もまああると思います。

ただ、乙骨味方ルートだと現状あまり納得できる要素が無いような気がしますね。

筆者の現時点での予想としては「狗巻の腕を落とした虎杖が憎い」という思いと「五条先生から聞いていた虎杖と本当は仲良くしたかった」という思いが乙骨憂太にはあり、虎杖を殺すことに若干の引け目があったんじゃないかなーと思っています。

乙骨は特級ですが、一人の少年でもあるので不安定な時期でしょう。リカちゃんを使ってぐしゃっと殺すのは彼の中でなんか違うかったのだと思っています。

味方説、敵説両方追ってますが、現状はまだ敵説に傾いてますね。(好きな方で妄想すりゃいいと思います)

気になった点③宿儺の笑み

乙骨に刺された後に何かに気づいて嬉しそうだった宿儺さん。

今回の話ではまだ宿儺の笑みの理由は明かされませんでしたね。

「伏黒恵が近くに来ている」というのが変わらず最有力候補だと思っていますが、一応他の可能性も考てみようと思います。

まずは「虎杖に宿儺の術式が刻まれた」ですね。宿儺の術式がありゃ虎杖の強さがぐんと増します。

ただ、宿儺は虎杖に自分の術式を使われることを快く思わないと思いますので、個人的には違うかなと思います。

次は「乙骨憂太の刀に反転術式がこもっていた」ですね。まあ宿儺からしたら虎杖に死なれたら困りますしね。

ただ、宿儺からしたら「こいつ何がしたいんだ?」という疑問が先にきそうなのでこれも無いかなと思います。

虎杖も気を失ってるようでしたし、刺してすぐ治したなら気を失わないと思います。

次は「虎杖が反転術式を会得した」ですね。宿儺からしても虎杖が反転術式で自己治癒できるほうが都合よさそうですしね。

宿儺は虎杖の成長に期待していないでしょうし、興味が無いと思います。ただ「虎杖の反転術式会得が宿儺の計画にプラスになる」ならこの可能性もありますね。

最後は「虎杖ともう一度縛りを結ぶ」ですね。過去に縛りを結んで心臓を治した時と同様に新たに縛りを結ぶというやつです。

個人的にはこれも無いかなーと思います。宿儺の計画を遂行するのには今の縛りで十分だと思うからです。

宿儺は極悪非道で抜け目も無いと思うので、新たに縛りを結ぶ必要はないと思いますね。

それに縛りを新たに作りたかったなら、乙骨に刺された時に舌打ちしないと思います。

なんにせよ、宿儺が笑うのは凶兆だと思うので、今後の展開が怖い(楽しみ)です。

まとめ

以上が今回の感想記事でした。

来週には乙骨の目的。そして宿儺の笑みの理由がはっきりすれば嬉しいですね。

今週はかっこいい兄の背中が見れて満足でした!!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!!

呪術廻戦を無料で読む方法を紹介しています。

呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

考察記事はこちらから

考察記事一覧

Twitterのフォローお願いします!!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました