【ネタバレ注意】父子対決?!禪院家の闇が深すぎる…呪術廻戦148話「葦を啣む」【考察・感想】

スポンサーリンク
呪術廻戦 感想
スポンサーリンク

記事を開いていただきありがとうございます。パンプキンです。

諸事情により感想記事が何話か空いてしまいましたが、今週から感想記事も再開していきます。

今回の148話はタイトル通り禪院家のお話ですね。かなり胸糞悪い話でした。

ちなみにサブタイトルの「葦を啣む」はことわざのあしふくかりからとっていて、「物事を行う準備が完全なこと」という意味らしいです。

それでは感想に入っていきましょうか。

スポンサーリンク

呪具を求め忌庫へ

禪院家に戻ってきた真希と、直哉の会話から始まります。

直哉、脹相の毒をくらって少し心配していたのですが、元気そうでなによりです。

直哉は禪院家御用達の悪口のオンパレードで真希に精神攻撃を仕掛けますが、真希はフル無視。

呪術廻戦 148話 ネタバレ

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

直哉は昔から真希をいじめていたようですね。前言撤回だ、直哉はくたばってろ。

直哉と真希、どうしてここまで人間性に差が出来てしまったのか。真希はこんな環境で育っても自分をブラさずに生きていたのですから本当に強い子ですよね。

で、直哉をフル無視した真希は、禪院家に戻った目的である呪具を回収するために忌庫へ向かいますが、その前に実母が立ちはだかります。

真希の母親「戻りなさい、忌庫への立ち入りは私たちには許されないの」

真希「当主様がいいっていってんだよ」

ここから伏黒恵が禪院家当主になった経緯の回想に。

さらっと禪院家当主になっていた伏黒君ですが、どうやら真希に頼み込まれて当主になったようですね。

当主になると「金、呪具、総監部や御三家の情報が手に入る」というメリットがありますが、伏黒君は全然やりたくなさそうでした。

ですが、「真衣の居場所を作ってやりたい」という真希の思いを知った途端に二つ返事で当主になることを承諾しました。伏黒君は情に厚い男です。

で、回想は終わり、「戻りなさい!!」と叫ぶ真希ママですが、またもやフル無視で先に進む真希。

呪術廻戦148話 ネタバレ 真希の母親

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

虚ろな目で結構酷いことを言う真希ママ。この人も禪院家で狂っちゃったのだろうな。

忌庫内にたどり着くが、そこには…。

南京錠のカギを開け、忌庫内に入ることに成功した真希だが、そこには実父である禪院扇がいた。

呪術廻戦148話ネタバレ 禪院扇

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

この人の目怖いですよね。すみませんこれはただの悪口ですね。

扇は真希達の行動を読んで、忌庫内の呪具を空っぽにしたという。そして扇の背後には血を流して地に伏す双子の妹、真依の姿が…。

これは伏黒恵が当主になり、財産権を得ることに納得がいかない扇、甚一の作戦で、総監部の通達にある「五条悟の封印を解く行為を罪とする」という条項を利用した策。

そう、つまり「五条悟解放を企てた謀反者として伏黒、真希、真依を殺す」ということです。

伏黒君を殺すことで当主の座を空け、さらに実の娘を殺すことで総監部からの信頼もより強固になるという。クソみたいな作戦だ。

そんなクソみたいな作戦の首謀者が実父である扇だというのだからこれ以上クソなことはない(?)

そして父と娘の戦いが始まる…。

真希VS扇 父子対決勃発

対峙する親子。扇は禪院家秘伝の領域対策「落花の情」を居合に転用した技を構える。

対する真希は組屋鞣造のアトリエから拝借した呪具「竜骨」を取り出す。

呪術廻戦148話ネタバレ 竜骨

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

この真希さんかっこよすぎ

呪力を噴出することで使用者の膂力以上の威力を発揮し、さらに変則的な動きまで可能になる呪具。まさに呪具の扱いに長けている真希にぴったりな呪具ですね。

懸念点は”素材は何を使用しているのか?”というところ。あまり考えないでおきます…。

「なぜ前当主が私ではなく直毘人だったか分かるか?」

真希「テメエが子供を殺せるクソ野郎だからだろ」

2人の激しい攻防が始まります。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

そして真希は扇の刀を折ることに成功し、勝利。かと思いきや…。

呪術廻戦148話ネタバレ 真希VS扇 父子対決

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

折ったはずの刀身が呪力のようなもので形成され、真希は眼部と腹部を切られる…。

「何故私が当主になれなかったか…」

「それは子供のお前たちが出来損ないだからだ…!!」

涙を流す扇、そして崩れ落ちる真希…。

148話終

まとめ

以上が148話の感想でした。

胸糞すぎて胸焼けする回でしたね…。

ただ、真希さんが過去最高にかっこよかったので個人的には好きな回でした。

扇の術式は真依同様「構築術式」ですかね。

真依は一日に弾丸を1発創るのがやっとですが、扇は真依以上に呪力があり、術式を極めているとなると一瞬で刀身を構築できても不思議じゃありませんしね。

クソ野郎どもが蔓延る禪院家のお家騒動ですが、禪院家の向かう結末は一体どうなるのか…。

この記事は以上で終わりたいと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!!

呪術廻戦を無料で読む方法を紹介しています。

呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

考察記事一覧はこちらから

考察記事一覧

パンプキンのTwitterのフォローお願いします!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました