【ネタバレ注意】真希と直哉、激突!!超速バトルを制したのは…?呪術廻戦151話「葦を啣むー肆ー」

スポンサーリンク
呪術廻戦 感想
スポンサーリンク

記事を開いていただきありがとうございます。パンプキンです。

今週も毎週恒例の感想記事を書いていきます。

前回は真希が禪院家の戦闘集団を殲滅していくというなかなかショッキングなお話でしたが、今週はその禪院家筆頭、禪院家最強とされる男、禪院直哉さんとの闘いです。

ということで早速感想に入りましょう!!

前回の感想記事はこちら 【ネタバレ注意】真希覚醒で禪院家が絶対絶命の危機に…呪術廻戦150話「葦を啣むー参ー」【感想・考察】

スポンサーリンク

憧れ

直哉の回想

禪院家に天才として生まれた直哉。そんな直哉は幼少期、呪力が0の落ちこぼれが禪院家にいるという情報を入手し、その落ちこぼれの顔を見に行くことに。

「どんなしょぼくれた人なんやろう」

「どんな惨めな顔しとるんやろう」

そんなウキウキな直哉が目にしたのは「落ちこぼれ」という言葉が似つかわしくない「圧倒的存在感」を放ち、「ドス黒い強さ」を醸し出す禪院甚爾の姿だった。

幼少期直哉 禪院甚爾

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

禪院甚爾の期待とは大きく違った姿を目にした直哉が抱いた感情は…。

回想が終わり、真希と直哉の激闘が始まる。

直哉は自身の生得術式「投射呪法」を巧みに操り真希を追い詰めます。

「オマエは甚爾君やない」

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

あの日、禪院家で禪院甚爾の姿を見て以来、直哉は甚爾に対して憧れのようなものを抱いていたようです。

そして真希を認めていない様子。

それもその筈、禪院家では術式を持たない者は虐げられる運命。禪院家からすると甚爾も真希も同類でしょう。

ただ、直哉は甚爾の圧倒的強さを理解しているため、甚爾と同じように扱われている真希を煩わしく思っていたのでしょう。

そんな真希が、かつての禪院甚爾と同じ力を手にしたといっても、直哉には到底受け入れることが出来ない事実です。

直哉は禪院家にしては珍しく「強さへの理解」が狭まっていないみたいですね。

甚爾を虐げる「術式至上主義」の人達ばかりかと思ってましたが、直哉は逆にそんな人達を見下していたようです。

それも全て「強さ」を知っているから。

一方真希は攻撃を受けながら冷静に数字を数えているが…?

偽物

休むことなく真希を追い詰め続ける直哉。

「あっち側に立つんはオレや」

直哉の脳裏には甚爾と五条悟の姿が。

直哉は自分と別次元の強さを持つ2人としっかり線引きしていたんですね。そして自身もその次元へ到達する為に強くなりたいと。

直哉は向上心の塊のようです。強くなるための努力もしてきたのでしょう。なぜだろう、それでも拭えない小物感は…。

まあ、ここまで向上心が高いキャラクターは少ないので、そこは好印象ですね。

そしてスピードをどんどん上げてくる直哉。

術式を絶えず重なれば重ねるほどどんどん加速していくらしいです。

おまけに触れれば1秒フリーズ付きですからほんと強い術式ですよね。

そしてさすがの真希もダメージを受けてふらついています。

「最高速度でぶち抜いたる!!」

既に亜音速を超えている直哉、この速度を制御できるのは普通に超人技ですね。

対する真希は「不知火型」という構えで直哉を迎えます。

真希 不知火型

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

真希「抱いてやるよ」

だが直哉は誘いには乗らず、真希の左肩に触れます。

「投射呪法発動中に手のひらに触れられた者も1/24で動きを作らなければ1秒間フリーズする」

直哉は真希をフリーズさせてとどめを刺すつもりでした。

「やっぱりお前は偽物や」

背後から真希を狙う直哉。だが真希は振り向き、直哉に拳を向けます。

真希は呪力を捨て去ることで手に入れた超人的な肉体の動体視力で投射呪法の能力を看破していました。

24分の1で動きを作っていたことを見破った真希は、同じように24分の1の動きを作り対処しました。まさか投射呪法のこの設定が生かされるとは…。

出典元:芥見下々『呪術廻戦』(集英社)

そして直哉は真希に完膚なきまでの敗北を喫しました。

151話おわり。

まとめ

見下していた存在が自分の憧れと同じ力を手にし、完全敗北する。直哉の胸中を考えると凄く不憫な気がしますね。

筆者は直哉のことが全然好きではないですが、今週の話で完全に憎めない存在になり、もやもやしています。

これが恋なんでしょうか?

個人的に気になるのは「禪院家で残された人たち」はどうなるのかですね。

禪院家は再起不能レベルの大ダメージを負ったのは間違いなさそうですが、真希さんと同じように禪院家で虐げられていた人たちの心は救われるのか、それとも禪院家以外での生き方を知らずに路頭に迷い、結果的に迷惑を被ることになるのか…。

悪い言い方をすると真希さんは傍から見たら「殺人鬼」でしかないので、真希さんの行動によって救われる人が出てくれればいいなとささやかに思っています。

まあ、残った人の対処は禪院家当主となった伏黒君が何とかしてくれると信じてます。もはや当主としての仕事がそれぐらいしかないのでは?

ということで今回の記事はここで終わります。

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

呪術廻戦を無料で読む方法を紹介しています。

呪術廻戦を無料で読む方法3選【完全解説】

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました